ガーデニング用品は通販で全て揃えられる時代

スタイルに沿った栽培法

野菜

支柱の重要性が高い

キュウリは夏を代表する野菜で、初心者でも栽培することができます。一般的な育て方は、直接農地に植えるスタイルです。用意するものは、野菜の栽培土の他、リンや固形肥料です。充分に間隔を開けて植えることがポイントです。乾燥や高温に気を付けておくことが求められ、特に梅雨の時期には育て方に注意しておくことが求められます。根腐れや水分超過を防ぐために、雨季は水やりの回数を減らす必要があります。キュウリの成長はとても早く、初夏から真夏にかけては、その特徴が顕著です。そのため、丈が充分にあるネットや野菜用のカーテンを揃えておく必要があります。カーテンは、夏の日差しを遮る効果もあり、涼を取ることもできます。病気や昆虫の食害から守るためにも、農薬や殺虫剤が必要です。現在では多くの種類の農薬がどこにでも販売されており、気軽に購入することができます。ホームセンターやペットショップが、その具体例です。人体やペットにも優しく、吸い込んでも無害の成分で作られています。キュウリは、種から蒔く場合、数日から約10日で発芽します。双葉が出るまでは、カップやネットを被せる育て方々が有名です。キュウリは、プランターや植木鉢でも育てることができます。都会やマンションで暮らす方々は、この手法の育て方が一般的です。その理由は、植木鉢は狭い場所にも置くことができ、便利であるからです。キュウリを種子から育てる場合、発芽用のポットやバーミキュライトを用意しておくと便利です。